レポート

理想の海デート ~女子目線~

sunset2

恋愛マスターたちが熱い講義!?を開講しているようだけど・・・

そもそも女の子にとって、

暑い日差しの中海に行くのはケアしなきゃいけないことがたくさん(´・ω・`)

日除け、レジャーシート、飲み物・・・と荷物も多くなっちゃうし、海に誘われてもなかなか乗り気になれない・・・って意見もきっと多いはず!

 

女の子に喜ばれるデートプランはもっと他にあるのよ!ということで

今日は女子的海デート最高プランを特別に披露しちゃうんだから~~!どんだけ~~

 

日中に日陰のない海に行くのは女の子の肌にとって天敵!

日焼け対策をしっかりしなきゃいけないし、でも海に入りたくなるし、そしたら日焼け止め塗りなおさなきゃいけないし、髪は濡らさないように気を付けなきゃいけないし・・・

もう、ほんとに大変なんだからちゃんと分かってよね、男子!!

 

海は泳ぐ以外にも楽しむ方法がたくさんあるでしょ~~

まずは夕日に染まった海!!もう眺めているだけでも100%間違いなしキレイなんだから(*´ω`*)

日が落ちかかった頃から夜にかけての海もいいわね~

日焼けの心配をしなくていいし、気温も涼しくなってきている時間だから汗をかく心配もない!

ドライブデートの帰りにサプライズで海に寄られたりしたら

「なんて素敵なデートプランなの~~」って喜ぶ彼女も多いんじゃないかしら(^_-)-☆

 

人も多すぎず、静かな夜の海を見ながら会話を楽しむのも女の子にとっては嬉しい時間!

水着水着~とか言ってないで、もっと大人の余裕のあるデートに連れていってくれなきゃ、拗ねちゃうんだからねっ!

 

 

  • 「理想の海デート ~女子目線~」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/article/?p=677" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://tokyo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 東京</a></iframe><script src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1
  2. 01
  3. kids_waka01
  4. kids_kren01
  5. kids_toku01
  6. kids_ito01

Pickup

  1. 0010-1
    第10回 香里武さんが館長! 環境問題も学べる幼魚の水族…

    第10回 2022年08月06日(土)放送香里武さんが館長! 環境問題も学べる幼魚の水族館「ごきげ…

  2. 008-1
    第9回 「海と日本人に関する意識調査」でも注目! 新種の…

    第9回 2022年07月30日(土)放送「海と日本人に関する意識調査」でも注目! 新種の海…

  3. 008-1
    第8回 色々な人を巻き込んでプラごみ削減! マイボトルの…

    第8回 2022年07月23日(土)放送色々な人を巻き込んでプラごみ削減! マイボトルの給…

  4. 007-11
    第7回 海洋大学生が中学生にレクチャー! 身近な運河に探…

    第7回 2022年07月16日(土)放送海洋大学生が中学生にレクチャー! 身近な運河に探究…

  5. 006-1
    第6回 オオグソクムシも姿揚げ!? 水族館の「美味しくて…

    第6回 2022年07月09日(土)放送オオグソクムシも姿揚げ!? 水族館の「美味しくてす…

海と日本PROJECT in 東京
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://tokyo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 東京</a></iframe><script src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP