お知らせ

インフォグラフィックってなーに?2022

0524-1

インフォグラフィックってなーに?

現在エントリー受付中の「第2回 海洋インフォグラフィックコンテスト」(※締切2022年6月5日)。「インフォグラフィック」ってなに?難しそうで出来ない…。と、エントリーを迷っている方もいるかと思います。

「インフォグラフィック」とは、文章や言葉だけでは伝えることが難しい情報やデータを、ぱっと見て分かるようにする表現方法。下記のような7つの種類があります。

インフォグラフィック種類

そう、なんとなく、よく目にしますよね?
例えば・・・道路の標識だったり

標識

ショッピングモールや駅の案内

トイレマーク

路線図

路線図

図鑑の説明

図鑑

図鑑

これらはインフォグラフィックだったのです!

 

どんな風に表現するの?

ではこのインフォグラフィックを使って、どのように表現をするか…ここが悩むところかと思います。
例えば、「食物連鎖」。食物連鎖とは、カニなどの小さな生物を魚が食べその魚を…と、文字で書くよりも、こんな風にイラストにすると分かりやすいですよね。

「プラごみって、私たちに影響あるの?」という問題も、こういったイラストで書くと伝わりやすいです。

いやいや、こんな絵書けないよ…という人にちょっとテクニック。例えば人の感情は、横に印を足すだけで表現できます。

魚の絵も、リアルな絵じゃなくてOK!図鑑を見ると難しいので、下記のようなシンプルで特徴を捉えたイラストを参考に真似描きすると楽です。

また、例えば、地球に顔を書いてみたりすると、環境表現が出来たりしますね。それも難しければ、雑誌や広告を切り抜いて貼っても良いですよ!


提出してもらう「自由研究レポート」は絵の上手さ不要!
インフォグラフィックを駆使しなくてOK!

小学生の皆さんに提出してもらうものはインフォグラフィック作品ではなく、絵日記や壁新聞のような「自由研究レポート」。せっかくなので、全部文字だけにせず、表やイラストでの表現を少し加えてもらいたいですが、大切なのは着眼点や、内容の面白さです。
選ばれた20名は美術学校のデザイナーさんとタッグを組んでもらい、お兄さんお姉さんが、皆さんの想いを聞きながら「自由研究レポート」をインフォグラフィックで仕上げます。

また、今回のコンテストは、いきなり「応募」ではありません。まずはオンラインセミナーで「海について」「インフォグラフィックについて」一緒に学んでからの応募作品提出となりますので、知識がなくても不安でも大丈夫です。セミナーを聞いてから応募の判断をしてくれてもOKですので、まずはエントリーをしてオンラインセミナーを受講してくださいね。もちろん無料です!

また、今年のテーマは海に関することならばなんでもOK!
環境問題や魚のことはもちろん、歴史やスポーツ、観光や資源など、自分の好きな事をまとめてくださいね。

インフォグラフィックのアドバイザーは株式会社カーツメディアワークスの岩本光平さん

インフォグラフィック制作で活躍している岩本さんが、6/11のオンラインセミナーで分かりやすくインフォグラフィックを教えてくれます! インフォグラフィックは、中学生や高校生、大学生、社会人になってからも使える重要な表現方法ですので是非この機会に学んでください。エントリーをしないとオンラインセミナーの受講やコンテストへの応募は出来ません。6/5までで締め切りとなりますので、お忘れずにエントリーしてください。お待ちしています!


コンテストの詳細はこちらからご確認ください!

→第2回 海洋インフォグラフィックコンテスト

  • 「インフォグラフィックってなーに?2022」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/article/?p=2384" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://tokyo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 東京</a></iframe><script src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 2022結果発表2
  2. 2022オンラインセミナー
  3. 0422-1
  4. 202111101-1
  5. 20211011-2
  6. 0720-1-1

Pickup

  1. haku100
    海を学べる!楽しい博物館 〜東京編 VOL.1〜

    海を学べる!楽しい博物館 〜東京編 VOL.1〜毎月2回以上は博物館へ足を運ぶ私と息子。海や環境のこ…

  2. haku110
    海を学べる!楽しい博物館 〜東京編 VOL.2〜

    海を学べる!楽しい博物館 〜東京編 VOL.2〜毎月2回以上は博物館へ足を運ぶ私と息子。海や環境のこ…

  3. kids08-01
    <海のキッズサポーター>水族館からはじまった海への想いが…

     海のキッズサポーター水族館からはじまった海への想いが地球規模に拡大中! 積極的に学びと向き合う、将…

  4. kids06-27
    <海のキッズサポーター>海の酸性化を知って取り組み始めた…

     海のキッズサポーター海の酸性化を知って取り組み始めた環境問題。 将来の夢は海の課題を解決に導くマー…

  5. kids07-1
    <海のキッズサポーター>お友達とごみ拾いサークルを立ち上…

     海のキッズサポーターお友達とごみ拾いサークルを立ち上げ! 市長や企業も巻き込んだ一歩先の取り組みに…

海と日本PROJECT in 東京
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://tokyo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 東京</a></iframe><script src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP