お知らせ

海ごみ削減に動く!大企業たちの挑戦!

スクリーンショット 2020-12-24 112600

海ごみ削減のために各企業ができることを模索しながら、ALLIANCE FOR THE BLUEというグループ一丸になって海洋問題に取り組みます!

★youtube はコチラ!!
海洋環境の保全と経済性を両立できる持続可能な社会の実現に向け、
消費財メーカー、包材メーカー、小売企業、消費者が、新しいモノ作りや仕組み作りに挑戦するための機会、場を設けていくとのこと。
企業と消費者を結びつけるHUBとして機能することで、豊かな海が将来世代に引き継ぐことを目指します。

コクヨや大日本印刷等の有名企業がそろい、各企業の強みや技術を生かしたプラスチック削減のための商品開発や取り組みにこれからも大注目ですね!!

毎年スカイツリー222個分の海ごみが流出?!

世界の海では、毎年800万トンという量のプラスチックごみが海に流れ出ているといわれています。。(+_+)

その量はスカイツリー222個分の重量に相当するらしい…。

海ごみ削減の為には、産官学民一体となりプラスチックごみを出さない努力を

ひとりひとりが自分事化して行動に移していく必要がありますね!

 

ちなみに私は普段水をよく飲むのですが、

同じボトルで繰り返し冷やしながら飲んだり

オーストラリアで買った可愛すぎるマイボトルを使って

あまりペットボトルの商品を買わないようにしています。

お気に入りのマイボトルがあるだけで愛着がわいてずっと使いたくなりますし、

それが結果的にごみを減らす生活になっているので一石二鳥ですね♪

▼おすすめ記事一覧

  • 「海ごみ削減に動く!大企業たちの挑戦!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/article/?p=1283" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://tokyo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 東京</a></iframe><script src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 0524-1
  2. 0422-1
  3. 202111101-1
  4. 20211011-2
  5. 0720-1-1
  6. 20210627-1

Pickup

  1. 005-1
    第5回 釣った魚を地域が買い取り!ツッテ西伊豆とは?|み…

    第5回 2022年07月02日(土)放送釣った魚を地域が買い取り! ツッテ西伊豆とは?…

  2. 004-1
    第4回 海洋インフォグラフィックコンテスト「オンラインセ…

    第4回 2022年06月25日(土)放送海洋インフォグラフィックコンテスト オンラインセミナ…

  3. 003-1
    第3回 育てたヒラメ 食べる?食べない? 陸養プロジェク…

    第3回 2022年06月18日(土)放送育てたヒラメ 食べる?食べない? 陸養プロジェクト東京都足…

  4. 002-1
    第2回 海ごみゼロウィーク コスプレde海ごみゼロ大作戦…

    第2回 2022年06月11日(土)放送春の海ごみゼロウィーク キックオフイベント コスプレde海ご…

  5. 001-0jpg
    第1回 3Dスーパーサイエンスプロジェクト2021年成果…

    第1回 2022年06月04日(土)放送3Dスーパーサイエンスプロジェクト2021年成果発表会!…

海と日本PROJECT in 東京
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://tokyo.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 東京</a></iframe><script src="https://tokyo.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP